別居中の実⺟(68 歳)を扶養にしています。⺟は年⾦が⽉額7 万円程度あります。送⾦は⾏ってい ますが、⽉に3 万円〜5 万円と⾜りなくなったら送⾦するという形です。それでもよいのでしょうか?

年⾦受給額が月額7 万円だったとすれば、毎月3〜5 万円の仕送り額では生活費の大半を援助しているとはいい難い状況にあります。さらに生活に必要な送⾦額が年⾦額(この場合7万円)を超えていなければ、経済的扶養関係が認められないことになります。つきましては、別途「被扶養者異動届(削除申請用)の提出が必要です。対象者の保険証を添えて、速やかに事業所(会社)に届出てください。

Posted in: 送⾦証明について

このページのトップへ