家族の健診について

35歳以上の被扶養者(※4月1日時点で35歳になっている方)

皆さんへの健診申込みの案内は毎年5月上旬に、書面送付にておこなっています。

ご案内する所定の手続きで、当年度内(翌年3月末まで)に受診してください。

日本トランスシティグループ社員共済会の健診補助も加えてご案内していますので共済会に加入していない方のご家族は、自己負担していただく場合があります。

生活習慣病健診

  1. 契約医療機関での受診

    自己負担額 なし

    別途、婦人科検診等のオプション検査は自己負担が発生します。

  2. 巡回健診(あまの創健・各地開催)での受診

    婦人科検診を含めて自己負担額 なし
    その他オプション検診は自己負担になります。巡回健診は任意継続被扶養者は受診できません。

  3. 健保組合の健診サポート制度(1、2利用に対して適用)

    節目の年齢(40歳・50歳・60歳)の被扶養者が対象です。

    健保組合への申請で、生活習慣病並びに婦人科等基本オプション検診の全て自己負担 なし

特定健診

  1. 契約医療機関での受診

    自己負担 なし

  2. 受診券利用での受診

    自己負担 なし

34歳以下の被扶養配偶者(※4月1日時点で35歳に達していない方)

34歳以下の被扶養配偶者の皆さんに対して、健康保険組合が健康診断の費用補助をおこないます。

皆さんには、生活習慣病健診を受診される前の年代から、健康管理への関心を高めていただき、持続的な疾病予防に取り組んでいただくための保健事業と位置づけています。

対象のご家族さまには、案内文書を郵送しますので、希望される方は下記の要領にそって、予約手続きしてください。

対象

34歳以下の被扶養配偶者(※4月1日時点で35歳に達していない方)

健診内容

特定健康診査(特定健診) ~随時受診可 翌年3月末終了~
胃部検査はありません・通常、所要1時間程度です

受診料

自己負担額1,000円(健康保険組合が残金負担)

受診先

健康保険組合の指定する契約医療機関

手続き方法

  1. 受診先を一覧で選び、トランシィ健康保険組合の被扶養者(34歳以下)であることを伝えた上で、「特定健診」をご予約ください。

    (※同時に婦人科検診等を受診される場合は、全額自己負担でのお支払をお願いします。)

  2. 予約内容を所定の受診予約連絡書に記入して、必ず、健康保険組合まで連絡して下さい(FAX送信も可)
  3. 受診当日(どちらかになります)

    ・四日市健診クリニック・・・・・窓口で、自己負担額(1,000円)のみ支払い

    ・四日市健診クリニック以外の受診先・・・窓口の支払いは無し、被保険者の給与天引き

このページのトップへ